スマホ防水シールとは




スマートフォンには防水対策されている穴、そうでない穴があります。 水が入ってきそうな穴やすき間にシールを貼って防水防塵にするという簡単なモノです。

IMG_3992.1IMG_3852

※ガラスの上のグニャグニャの柔らかいシールを貼ります。

※ドアのすき間風をふさぐようにフチだけに貼ります。画面部分は貼りません。

開発は、操作性と見た目を重視しました!

  • もしもの為に毎日ゴッツイケースを使うのはイヤだ
  • 見た目が変わるのがイヤだ
  • 操作がしにくくなるのはイヤだ
  • これらがクリアできるなら、完全防水じゃなくて生活防水で良い
IMG_6680.1

水没の故障の90%をカバーします!

水濡れ原因の90%は
  • 落とした(トイレ、流し、など) IMG_3969.1
  • 倒した(コップ、ペットボトル、など)
  • 雨に濡れた(スポーツ、通勤通学、など)
いずれも、防水ケースを使わない日常の場面で「まさか自分が!」というトラブルです。

これらの水没は誰にでも起こることで防ぐことは難しいです。でも、水没をしても故障しないようにすることはできます。

スマホの水没故障で本当に困ることは?

  • お金?
  • スマホが2~3日使えなくなる
  • ショップなどへ行かなくてはならない
  • 手続きのやり取りに時間がかかる
  • データの消失、復旧できても移行する、アプリの再設定、など元に戻さなくてはならない
安心パックなどの保険でカバーされるのはお金だけ

お金とともに、時間と手間が非常に無駄

OY1151013231048.1

スマホ防水シールの特徴

  • 穴やすき間にシールを貼るというシンプルな構造
  • 自分で簡単に貼れる。はがせる
  • 操作の邪魔にならず普段と同じ様に使える(電話、充電、イヤホン、ネット操作など)
  • 新品じゃなくても貼れる、傷だらけでもOK
  • スマホ本体ケース、ガラス保護フィルも併用して普通に使える。(ソフトケースがお勧め)
  • 割れやすいガラス画面のフチの保護にもなる
  • ホコリや手垢が入らないので衛生的
IMG_6648.1

 

疑問や注意点   ・穴がふさがってないけど大丈夫なの?

  • ふさいでいない穴は奥が行き止まりで水は入らない構造になっているので生活レベルでは大丈夫。(貼るのは簡単ですが操作性を重視しています)
  • 長時間、深い場所には強くない。
  • もし濡れたら、穴を拭く、乾かす、などの処置がいる
  • それぞれの個体によって効果に差がある。(スマホ本体がボコボコ、貼り方が悪い、など)
  • 当社では、充電部分を、毎日の操作性と見た目、継続性、最初からiPhoneが持っているその部分の耐水性を考え、あえて塞いでいません。
    しかし、ご心配な方は「iPhoneライトニングキャップ」でネット検索すると他社製品が数百円でたくさん出てきますので、それらを別途購入していただき併用して下さい。
 

ライトニングキャップ

スマホ防水シールの効果!

  • 水没による故障の90%を防げる 84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84.1_s
  • ガラス割れの防止に効果がある
  • キズが付きにくくなる
  • 汚れが付きにくくなる
 

 

 

 

 

 

まとめ

  • 「まさか自分が落とすなんて」というトラブルは、明日起こるかもしれません
  • 壊れたら、お金以上に時間と手間がかかります
  • 貼るのは簡単で、効果も十分です
  • 使いやすくて、ほとんど気にならない
  • シールをしないより、した方が100%良いです! bsMAX_sumahodon20141025170110

ぜひ、このシールを買って貼って、大切なスマホに保険をかけて下さい。

CCF20151104

iPhone5に本製品を装着してIPX3のテストを行い合格しました。

試験はこの試験品だけの評価であり、すべての商品の適合を保証しているわけではありません。(これは当社だけの事ではありません)

当社の製品はシールだけであり、お使いのスマートフォンの状態や使い方により防水性能は変わります。

試験は参考値としてお考えください。

 

 

 
ハードケース

本製品の注意事項

  • 本製品を装着して水濡れをした場合は、充電差し込み、イヤホン差し込み、スピーカーメッシュ部分などを、こより状にしたティッシュペーパーなどで水分を吸い取り、スマートフォン本体を乾燥させてください。
  • 実用性を重視して、充電、イヤホン差し込み部など水の侵入の可能性が低い穴は、ふさがない設計をしています。
  • ほとんどの本体保護ケースでご使用になれますが、きついケースですと装着時にシールが剥がれる場合がありますのでご注意ください。ソフトケースがお勧めです。
  • ガラス保護フィルムと併用する場合は、フィルムの上からシールを貼って下さい。
  • ホコリ、キズ、段差などによりシールに気泡が入る場合がございますのでご注意ください。
  • 高温でノリが滲み出す場合がございますのでご注意ください。
  • 長期使用でシールが変色する場合がございますのでご注意ください。
  • 本製品の防水性能、防水効果や耐用期間は、お使いのスマートフォン本体の状態、取り付け精度、ご使用方法、ご使用環境により異なります。
  • 本製品はスマートフォンの防水性能や防水効果を保証するものではありません。
  • 樹脂製品(塩化ビニル)やアクリル系粘着剤にアレルギーがある方は使用しないで下さい。
  • 本製品を口などに入れないようにしてください。
  • 本製品を別の用途に使用しないで下さい。
  • iPhoneはApple Inc.の登録商標です。

このページの先頭へ

Translate »