世界初の防水シール

スマホ防水シールは、新しい発想から生まれた、新しいジャンルの商品です!

スマホケース、ガラス保護フイルム、とは違います!

防水ですが、防水ケースとも違います!

  • 従来の防水ケースは、濡れないように「スマホを袋に入れてしまう方法」です。
  • スマホ防水シールは、外側は濡れても「スマホの内側を濡らさない方法」です。

どういうこと?

スマホの機械自体には、部品の穴や部品同士が接しているスキ間があります。それらの穴やスキ間には、最初からメーカーで防水対策がされている所と、されていない所があります。
この商品は、水が入ってくる穴やスキ間だけを狙い、そこだけにシールを貼って防水防塵にするという簡単なモノです。
画面のガラスは水を通さないから濡れても大丈夫です。裏面の金属も同じです。

窓からスキ間風が入らないように、窓のフチにシールを貼る!

そんなイメージです。

シール革

それでどんな効果があるの?

防水仕様ではなかったスマホを、後から自分で防水仕様にできます。

シールを貼っても大きさが変わらないので、普段と同じ様にスマホを使う事ができます。

  • 防水ケース・ゴツイので濡れると分かっている時しか使わない。「その時防水」
  • 防水シール・貼っていても気にならないので普段から使える。「いつでも防水」

普段から使えるから、日常生活で突然おきる水没トラブルから守ることができる

ポスター案_B2_03.ol

シールの素材もオンリーワン

シールの素材は、目立たないように薄く透明で、曲面に貼れるように伸縮性があって柔らかく、手触りが良いように、表面処理された素材を使っています。

粘着剤は、しっかり貼り付いて、キレイに剥がせる、耐久性のある粘着剤を使用しています。

soft1

新しい方法で貼ります

ガラス保護フィルムとは違いますので、ガラス保護フィルムを貼るような方法と違います。全く新しい方法でスマホに貼るように設計されています。

これにより自分で貼ることができます。

スライドショー4.1

このページの先頭へ

Translate »